神経因性膀胱の原因

排尿に関わっている神経が何らかの原因で、
スムーズに働かなくなってしまうことがあります。
神経が原因で、排尿がうまくいかなくなると、
神経因性膀胱であるることが多いです。

神経因性膀胱の原因となる病気は、
脳梗塞や脳出血といった脳疾患、パーキンソン病もふくまれます。

脊椎損傷や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症といった脊髄疾患、
糖尿病性神経障害などの末梢神経障害も該当します。

またこれら以外にも、
原因がわからず排尿に何らかのトラブルが生じることもあります。
その場合は、神経因性膀胱と診断されます。

神経因性膀胱になると、膀胱に尿がたまっても、
排尿するまでの命令がうまくいかなくなります。
そしておしっこをうまく身体のを外へ出すことができなくなります。
膀胱の中にはおしっこがたまっているのに、それがうまくいかないのです。

神経因性膀胱になると、トイレが近くなり一日に何回もトイレへ行きたく頻尿、
トイレへ行って排尿したにもかかわらず、またトイレへ行きたくなる残尿感などの症状が現れます。」

夜間 頻尿 サプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です